おえかき通信 No.25

訪問看護ステーション
おえかき通信 No.25
      

いよいよ本格的な冬になり、お鍋やおでんが美味しい季節になってきました。
師走に入りインフルエンザも猛威を振るいだしています。
お互い感染予防にマスク手洗い・うがいを気をつけていきましょう!

11月25日に染の井会館でおえかき健康公園「栄養と運動の関係について」
管理栄養士から地域の高齢者向けにお話をしていただきました。
現代人の特徴として、炭水化物(糖質=エネルギー)が過剰摂取となる反面、
タンパク質やビタミン・ミネラルが不足しておこる
現代版栄養失調が蔓延しているそうです。
特に高齢者世帯や独居生活ではできあいの弁当や総菜ですます事が多く
タンパク、ミネラルが含まれる緑黄色野菜や肉・魚などの
摂取が少なくなりがちです。

簡単にタンパク質が摂取できてお手軽なのがゆで卵だそうです。
これからの季節なら小鍋で作るお鍋なんかも
温まっていいんじゃないでしょうか?

おえかきスタッフ紹介

訪問看護ステーション 合田 真理子 看護師

訪問看護を初めて1年半。スタッフの皆に助けてもらいながら、
楽しく働いてます♫私生活では2児の母。

今年は、チャレンジの年で、スキーに挑戦しようと思ってます✨


Scroll Up