おえかき通信 No.16

訪問看護ステーション
おえかき通信 No.16


待ち遠しかった桜の季節も過ぎ、気温が高い日も増えてきましたね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
訪問看護ステーションおえかきは、幅広い年齢層の看護師6人が
毎日元気に活動
しています。
4月17日から、新しい仲間の理学療法士が1名増えました。

その人らしい生活が継続できるように、利用者・家族・看護師・理学療法士が
各々の色を重ね、想いを形に表すことが出来るように、
看護・リハビリを
提供していきます。よろしくお願いいたします。
看護師は現在午前のケースに空きがあります。
看護師、理学療法士ともご連絡お待ちしております!

自己紹介

はじめまして。理学療法士の増井伸樹と申します。
いわゆる訓練としてのリハビリだけではなく、
看護師と協働しての
健康管理や生活の支援を
ベースにおいたケアとしての理学療法を
提供していきます。
脳卒中や骨折後のリハビリはもちろん、

人工呼吸器への対応や神経難病、慢性呼吸不全のリハビリや
終末期のリハビリにも対応します。
今後ともよろしくお願い致します。


Scroll Up