訪問看護サービス

1.訪問看護サービスについて/2.訪問看護サービスを受けるまでの流れ/3.訪問看護サービスの主な内容
4.訪問リハビリテーションの主な内容/5.訪問看護にかかわる費用

1.訪問看護サービスについて

訪問看護は、医療保険や介護保険で受けることができます。

対象となる方

<介護保険>

・65歳以上の要介護認定を受けている人
・40~60歳で、加齢に伴う特定疾患の人

<医療保険>

1)要支援者・要介護者のうち

*厚生労働大臣が定める疾患などの利用者
*特別訪問看護指示書が交付された場合
*精神科訪問看護指示書が交付された場合(認知症を除く)

2)要介護・要支援認定が非該当の方

3)要介護認定未申請の方

4)64歳までの医療保険加入者

2.訪問看護サービスご利用の流れ

1.訪問看護サービスについて/2.訪問看護サービスを受けるまでの流れ/3.訪問看護サービスの主な内容
4.訪問リハビリテーションの主な内容/5.訪問看護にかかわる費用
訪問看護サービスを受けるまでの流れ

3.訪問看護サービスの主な内容

1.訪問看護サービスについて/2.訪問看護サービスを受けるまでの流れ/3.訪問看護サービスの主な内容/
4.訪問リハビリテーションの主な内容/5.訪問看護にかかわる費用

薬の相談・指導
薬の作用・副作用の説明、飲み方の指導、残薬の確認 など

医師の指示による医療処置
点滴・カテーテル管理(胃ろう、尿留置カテーテルなど)
 インシュリン注射 など

医療機器の管理
在宅酸素、人工呼吸器などの管理

床ずれ予防・処置
床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当

認知症・精神疾患のケア
利用者と家族の相談、対応方法の助言 など

介護予防
健康管理、低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス など

ご家族などへの介護支援・相談
介護方法の助言、病気や介護の不安の相談 など

在宅でのリハビリテーション
拘縮(こうしゅく)予防や機能の回復、嚥下機能訓練 など

ターミナルケア
がん末期や終末期を自宅で過ごせるよう支援

病状の観察
病気や障がいの状態、血圧・体温・脈拍などのチェックをし、異常の早期発見

在宅療養のお世話
身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導

4.訪問リハビリテーションの主な内容

1.訪問看護サービスについて/2.訪問看護サービスを受けるまでの流れ/3.訪問看護サービスの主な内容
4.訪問リハビリテーションの主な内容/5.訪問看護にかかわる費用

病状・障がいの観察と評価

 身体機能の観察・評価   動作能力の評価   身体機能異常の早期発見

障がいに応じた生活様式の指導

 日常生活動作の動作方法および介助方法の練習、指導  福祉機器等の環境評価、調整

退院後のリハビリテーション

 退院後の生活環境の変化に応じた目標設定とその支援  退院後の機能訓練の継続

 退院時および退院後の動作能力に応じた環境調整、生活支援

疾患に合わせたリハビリテーション

 整形外科疾患(骨折後・変形性関節症・リウマチ・脊椎疾患・ロコモティブシンドローム等)

  ◇運動機能の評価と予後予測    ◇運動機能訓練   ◇動作訓練・歩行訓練

  ◇痛み緩和の各種手技   ◇疾患の進行予防のための動作指導、情報提供

 

 脳卒中、脳血管疾患

  ◇退院後の生活再建の支援  ◇麻痺肢の拘縮予防、筋緊張コントロール   ◇動作・歩行訓練

  ◇福祉用具、自助具の適合支援   ◇活動性拡大や社会参加の具体的援助

  ◇維持期の運動機能、動作能力の維持  ◇より高い運動機能、動作能力獲得のための訓練

 

 呼吸器・循環器疾患(COPD・間質性肺炎・繰り返す誤嚥性肺炎・慢性心不全・心疾患後 等)

  ◇心肺機能の評価、状態観察   ◇退院後の生活再建の支援   ◇急性増悪の予防

  ◇心肺機能に応じた運動負荷量の設定と生活設定   ◇急性増悪時の対応(本人・家族指導)

  ◇体調管理(排痰・嚥下指導・呼吸訓練・自己管理指導・運動習慣の継続・疾患理解の促し)

 

 神経難病・がん末期のターミナルケア

  ◇疾患進行に応じた生活環境の支援  ◇身体機能に応じた離床方法や移動方法の支援

  ◇二次性障害の予防(肺炎・拘縮・心肺機能低下・疼痛等の予防、治療)

  ◇苦痛の緩和援助(痛み、呼吸困難感の緩和・安楽な姿勢、苦痛の少ない動作方法の指導援助)

  ◇チーム医療での終末期支援   ◇家族を含めた精神的な支援

 

 重度障がい・寝たきりの方へのリハビリテーション

  ◇拘縮、肺炎の予防   ◇離床機会の促進  ◇介護者への介助方法の助言、指導

  ◇重度障がい児の拘縮予防、呼吸ケア、姿勢管理、変形予防等

 

看護師との協働によるチームアプローチ

 看護師と協働で介入する事により多方向からのアプローチで生活を支援

5.訪問看護にかかわる費用

1.訪問看護サービスについて/2.訪問看護サービスを受けるまでの流れ/3.訪問看護サービスの主な内容
4.訪問リハビリテーションの主な内容/5.訪問看護にかかわる費用

介護保険の場合

利用者の負担割合 1~2割負担

費用は、訪問看護費との加算の合計となり、訪問の頻度・滞在時間・場所・訪問する職種などで異なります。

要支援1,2の方
単位数 20分 40分 60分
286単位 572単位 772単位
利用料 3100円 6200円 8368円
利用者負担1割 310円 620円 837円
利用者負担2割 620円 1240円 1674円

 

要介護1~5の方
単位数 20分 40分 60分
296単位 592単位 799単位
利用料 3208円 6417円 8661円
利用者負担1割 321円 642円 867円
利用者負担2割 642円 1284円 1733円

医療保険の場合

利用者の負担割合

・後期高齢者医療 >75歳以上 >> 1~3割

・前期高齢者医療 >70~74歳>> 1~3割

・各医療保険>就学児~69歳>>3割 未就学児>>2割

費用項目 内 容
訪問看護基本療養費 週3日まで 5550円  週4日目以降 6550円
訪問看護管理療養費 月の初回の訪問日 7400円  2日目以降1日につき 2980円
24時間対応体制加算 6400円
ターミナルケア療養費 25000円
交通費 吹田市・豊中市の訪問地域の方 無料

 

◆ご入院中の場合は、事前にご連絡をいただけましたら、訪問看護師等が病院にお伺いし、医師、病院看護師と連携のもと、
退院に必要な調整を行います。(在宅かかりつけ医のご相談や、介護保険利用のご相談にも応じます)

◆訪問看護サービスの内容についてのご相談・ご質問はフォームまたはお電話より、
お気軽にお寄せください。

 

bt_tel 平日:8時45分~17時
問い合わせフォーム 24時間受付:折り返しおえかきスタッフよりご連絡差し上げます


Scroll Up